リー&シュベアブロック ドイツ法律事務所

Lee & Schwerbrock Attorneys-at-law

                     

 

About us

弊事務所について

Our member

弊事務所のメンバー

Our service

弊事務所のサービス

Information

情報

Contact

連絡方法

News

ニュース

 

 

Community Design 共同体意匠

共同体意匠に係る20011212EC規則nº 6/2002は統一した登録制度を設立しました。登録において、共同体意匠は全てのEU加盟国において有効となります。

意匠

意匠とは線、輪郭、形、生地、物質及び/又はその装飾から結果する製品の外面の見かけ又はその一部を言います。もし、意匠が(a新規性、つまり、もしも同一の意匠が公知でない場合;(b個性的性質を有す場合、つまり、“知識を有す使用者(informed user)”が公知である他の意匠と異なると見なす場合、意匠は全てのEU加盟国において有効な登録共同体意匠として保護することが出来ます。

有効範囲

登録におきまして、共同体意匠は全てのEU加盟国にて有効となります。もし、如何なる新たな加盟国がEUに加わった場合、それに応じて共同体意匠の有効範囲はその様な新たな加盟国に拡大いたします。 

保護

共同体意匠の権利人は当該意匠につき、EU加盟国においてその様な意匠又は類似する概観を有す製品の使用、生産、販売に係る提供、販売又は輸入を如何なる第三者に禁止することの出来る専属使用権を有します。

登録された共同体意匠は5年間有効で、その期間は4回延長がされ得、夫々の延長は5年です。共同体意匠は最長で25年間有効であり続け得ます。

出願及び審査手続き

同一の出願において、同一の製品カテゴリーの下複数の意匠を登録することが認められています。そのような場合、二つ目の意匠から、廉価な出願及び公示の公的な費用が適用されます。これは、一つの出願において一つより多い意匠に出願する出願人に有利です。しかし、異なる製品カテゴリーに当てはまる意匠は別々に出願されるものとします。

共同体意匠は形式審査の対象となります。そして、管轄当局は実質的審査を行いません。それは、意匠が新規又は従前に登録されている共同体意匠と同一であるかに拘らず、当該意匠が関連法規に適合しているように見える限り、管轄当局は当該意匠を登録することを意味します。もし、如何なる第三者が如何なる共同体意匠が、例えば新規性の欠如により保護要件を満たしていないと考える場合、その様な意匠を無効にする為、無効申し立て手続きを開始し得ます。形式審査制度により、登録に係り出願された意 は、通常3ヶ月以内という短期間で許可及び登録されます。しかし、容易に登録されたとしても、もし、第三者が無効申し立てをした場合、当該共同体意匠は取り消しされ得ます。

公開の遅延

上記のように、共同体意匠登録は約3ヶ月間で完了します。つまり、その様な短期間の後で、登録された意匠は一般に公示且つ公開されます。これは、あるケースでは、その様な意匠を有す製品の販売に係り不利になるかもしれません。その様な場合、出願人は、出願日又は優先日から始まる最大30ヶ月の登録公開の遅延を請求できます。

戦略的思考

共同体意匠は次のような利点が御座います:

  • 価格効率性(一つの意匠の一つの出願の公的費用は350ユーロです)
  • 迅速な登録(約3ヶ月です)
  • 広範な保護範囲(全てのEU加盟国)
  • の有効期間(最長25年間)
  • 公開の遅延が可能です)

製品を販売する以前に、その様なEU全体の保護を取得することが大切です。

リーアンドシュベアブロックドイツ法律事務所はドイツ及び共同体意匠出願を取り扱い、そして、お客様に他に負けないお値段を提供することが出来ます。弊事務所は世界の他の国々の経験有る商標弁護士(弁理士)と協力しています。

©2009.  All rights reserved.  Information contained in this website is for reference purpose only and is not intended to constitute any legal advice on specific matters.  Should there be any specific legal issue, please consult with our attorneys.全ての権利は弊事務所が有します。本ウェブサイトに含まれる情報は参考目的のみで、そして、特定事項に係る如何なる法的アドバイスを構成することを意図しておりません。如何なる特定の法的な問題が御座いましたら、是非、弊事務所の弁護士にお尋ねください。